【ALK陽性肺がん:二次治療】「アレセンサ」vs「化学療法」

ALK融合遺伝子陽性の人で、「ザーコリ」治療を受けたことがある人でも「アレセンサ」治療を選択することで、化学療法(アリムタドセタキセル)を選択した場合に比べ、無増悪生存期間の延長が期待できる。

脳転移がある人でも54.2%の人が「アレセンサ」治療に奏功した(化学療法を受けた人は0%)。

グレード3以上の有害事象の発現率は「アレセンサ」治療を選択することで減少が期待できる。試験では化学療法を受けた人の41.2% がグレード3以上の有害事象を経験したのに対し、「アレセンサ」治療を受けた人では27.1%であった。【発表】

2018年4月14日

【試験名】

ALUR(Phase 3)〔NCT02604342

【原著】

Ann Oncol. 2018 Apr 14. [PMID: 29668860]