【EGFR陽性肺がん:一次治療】「ポートラーザ+ジェムザール+シスプラチン」vs「ジェムザール+シスプラチン」

シスプラチンジェムザール」に「ポートラーザ」の追加を選択することで、生存期間の延長が期待できるが、EGFR陰性の人では延命効果は期待できない。

ポートラーザ」の追加によって、「低マグネシウム血症」や「皮疹」の発現頻度が高まる。試験ではグレード3以上の有害事象として、それぞれ10%(vs. 1%未満)と6%(vs. 1%未満)の人に現れている。

この結果に基づいて、欧州医薬品庁は投与対象をEGFR発現がん患者に限定した「ポートラーザ」承認を決定した。

【発表】

2016年5月20日

【試験名】

SQUIRE(Phase 3)〔NCT00981058

【原著】

Ann Oncol. 2016 ;27:1573-9. [PMID:27207107]

【内部リンク】

【外部リンク】