【肺がん:維持療法】「アリムタ+アバスチン」vs「アバスチン」

初めての化学療法後の維持療法を考える場合、「アバスチン」に「アリムタ」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長は期待できるが、生存期間の延長は期待しにくい。

グレード3または4の有害事象を経験した人の割合は、「アバスチン」治療を受けた人で29%、「アリムタ」治療を受けた人で37%、「アリムタアバスチン」治療を受けた人で51%であった。

【発表】

2019年7月30日

【試験名】

ECOG-ACRIN 5508(Phase 3)〔NCT01107626

【原著】

J Clin Oncol. 2019 Jul 30 [PMID:31361535]

【外部リンク】