【乳がん:術後治療】「エピルビシン→ゼローダ」vs「エピルビシン→CMF」

早期乳がんの女性は、手術を受け、術後補助化学療法として「エピルビシン」治療を受けた後、「ゼローダ」治療を受けても「CMF(シクロホスファミドメトトレキサート5-FU)」レジメンに劣らない無再発率が期待できる。

試験では、「ゼローダ」治療を受けた人の5年無再発率は86.7%であり、これは「CMF」治療を受けた人の5年無再発率は86.5%に対し、非劣性を認めた(p=0.00092)。

主なグレード3以上の有害事象は、「ゼローダ」治療では手足症候群(12%)、下痢(6%)であり、「CMF」治療では好中球減少症(31%)、倦怠感(11%)。

【発表】

2017年6月6日

【試験名】

UK TACT2(Phase 3)〔NCT00301925

【原著】

Lancet Oncol. 2017 ;18:929-945. [PMID:28600210]

【内部リンク】