【急性骨髄性白血病:二次治療】「フルダラ+イダルビシン+シタラビン」vs「クロファラビン+イダルビシン+シタラビン」

治療が無効または再発した場合、「イダルビシンシタラビン」治療に「クロファラビン」を併用しても「フルダラ」を併用しても同程度の効果が期待できる。

試験では、「クロファラビンイダルビシンシタラビン」治療を受けた人の38%が完全寛解または血小板回復を伴わない完全寛解を得た。「フルダライダルビシンシタラビン」治療を受けた人では30%であった。

クロファラビンイダルビシンシタラビン」治療を受けた人は無イベント生存期間は2.0ヵ月であったのに対し、「フルダライダルビシンシタラビン」治療を受けた人の1.9ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.48)。生存期間は、「クロファラビンイダルビシンシタラビン」治療を受けた人で6.3ヵ月であったのに対し、「フルダライダルビシンシタラビン」治療を受けた人では4.7ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.28)。

【発表】

2017年7月18日

【試験】

Phase 1/2

【原著】

Leuk Lymphoma. 2017 Jul 18. [PMID: 28718728]