【多発性骨髄腫(高齢者):二次治療】「カイプロリス+レブラミド+デキサメタゾン」vs「レブラミド+デキサメタゾン」

治療抵抗性または再発の人でも、年齢にかかわらず、「レブラミドデキサメタゾン」治療に「カイプロリス」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

この分析では、70歳未満と70歳以上に分けて「カイプロリスレブラミドデキサメタゾン」3剤併用療法の無増悪生存期間について「レブラミドデキサメタゾン」2剤併用療法を対照にを比較。

分析の結果、70歳未満では「レブラミドデキサメタゾン」に「カイプロリス」を上乗せすることで、無増悪生存期間が17.6ヵ月から28.6ヵ月に延長し(HR=0.701、95%信頼区間:0.561-0.877)、70歳以上では、「カイプロリスレブラミドデキサメタゾン」3剤併用療法を受けた人で23.8ヵ月、「レブラミドデキサメタゾン」2剤併用療法を受けた人で16.0ヵ月であった(HR=0.753、95%信頼区間:0.527-1.077)。

奏効率は、70歳未満では「カイプロリス」を上乗せすることで、66.9%から86.0%に向上。70歳以上では66.1%から90.3%に向上。

70歳以上では「カイプロリス」の上乗せによって、心血管系有害事象が増加。

【発表】

2017年2月17日

【試験名】

ASPIRE(Phase 3)〔NCT01080391

【原著】

Br J Haematol. 2017;177:404-413. [PMID: 28211560 ]

【内部リンク】