【肺がん】「ジオトリフ」vs「プラセボ」

1-2ラインの化学療法を受けたことがあり、12週以上の「イレッサ」または「タルセバ」治療後に進行した人が次の治療を考える場合、「ジオトリフ」治療を選択しても、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「ジオトリフ」治療の生存期間を「プラセボ」と比較。「プラセボ」を投与された人が12.0ヵ月生存していたのに対し、「ジオトリフ」治療を受けた人の生存期間は10.8ヵ月と治療間に差はなかった(ハザード比 1.08, 95%信頼区間 0.86-1.35; p=0.74)。しかし、無増悪生存期間は「ジオトリフ」治療を受けることで1.1ヵ月から3.3ヵ月に延長(ハザード比 0.38, 95%信頼区間 0.31-0.48; p<0.0001)。

ジオトリフ」治療の主な有害事象は、下痢(87%、グレード3は17%)、皮疹(78%、グレード3は14%)。

【発表】

2012年3月26日

【試験名】

LUX-Lung 01(Phase 2b/3)〔NCT00656136

【原著】

Lancet Oncol. 2012;13:528-38. [PMID: 22452896]

【外部リンク】