【胃がん:三次治療】「オプジーボ」vs「プラセボ」

2ライン以上の標準治療に不応または不耐容の人が次の治療を考える場合、「オプジーボ」治療を選択することで生存期間の延長が期待できる。日本(45.8%)、韓国、台湾での試験結果。

試験には3ラインの治療を受けていた人が40.4%、4ライン以上の治療を受けていた人が39.8%含まれていた。試験では「オプジーボ」治療を選択することで1年生存率が10.9%から26.2%に向上。「オプジーボ」治療を受けた10%の人がグレード3または4の有害事象を経験した。

本試験の結果などに基づいて2016年12月27日承認申請が行われ、2017年9月22日、日本において「オプジーボ」は「がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃がん」 の効能・効果について承認された。

【発表】

2017年10月6日

【試験名】

ATTRACTION-2(Phase 3)〔NCT02267343

【原著】

Lancet. 2017; 390:2461–71. [PMID: 28993052]

【外部リンク】