【EGFR陽性肺がん:一次治療】「タグリッソ」vs「イレッサ(またはタルセバ)」

EGFR陽性の人が初めての治療を考える場合、「タグリッソ」単独治療を選択することで「イレッサ(またはタルセバ)」単独治療を選択した場合に比べ、無増悪生存期間の延長が期待できる。

タグリッソ」単独治療を受けた人の83%、「イレッサ(またはタルセバ)」単独治療を受けた人の71%が治療開始18ヵ月後に生存。生存期間(中央値)はいずれの治療も未到達(ハザード比は0.63、95%信頼区間:0.45-0.88、p=0.007)。この時点における有意であるための基準はp<0.0015であったため、統計学的に有意な差には至っていない。

タグリッソ」単独治療を選択することでグレード3以上の有害事象発現の減少が期待できる。試験では「イレッサ(またはタルセバ)」単独治療を受けた人の45%に発現したのに対し、「タグリッソ」単独治療を受けた人の34%であった。

【発表】

2017年11月18日

【試験名】

FLAURA(Phase 3)〔NCT02296125

【原著】

N Engl J Med 2018; 378 :113-25. [PMID: 29151359]

【外部リンク】