【EGFR陽性肺がん:術後治療】「イレッサ」vs「シスプラチン+ビノレルビン」

EGFR陽性の人は手術の後、補助療法として「イレッサ」を選択することで、「シスプラチンビノレルビン」を選択した場合を上回る無病生存期間の延長が期待できる。中国で行われたPhase 3試験の結果。

イレッサ」治療の主な有害事象(グレード3以上)は、ALT上昇、AST上昇。「シスプラチンビノレルビン」治療の主な(グレード3以上)は、好中球減少症、白血球減少症、嘔吐。

【発表】

2017年11月21日

【試験名】

ADJUVANT/CTONG1104(Phase 3)〔NCT01405079

【原著】

Lancet Oncol. 2018 ;19:139-148. [PMID: 29174310]

【外部リンク】