【声門がん:放射線療法】「加速照射」vs「標準分割照射」

放射線療法を考える場合、1回線量を2.4Gyに増加させて治療期間を短縮させた「加速照射」を選択しても、「標準分割照射」に劣らない3年無増悪生存率は期待しにくい。

【発表】

2018年2月1日

【試験名】

JCOG0701(Phase3)〔UMIN000000819

【原著】

Ann Oncol. 2018 Feb 1. [PMID: 29401241]

【外部リンク】