【食道がん:術前治療】「化学放射線療法→手術」vs「手術」

手術前に「化学放射線療法」の実施を選択することで、生存期間の延長が期待できる。化学療法は「ビノレルビンシスプラチン」。中国で行われたPhase3試験の結果。

主なグレード3または4の有害事象は、白血球減少症(48.9%)、好中球減少症(45.7%)。

『食道癌診療ガイドライン 2017年版 第4版』では「現在の標準治療はシスプラチン5-FUによる術前化学療法であるが、術前化学放射線 療法も有用である可能性が示唆される。」と評価されている。

【発表】

2018年8月8日

【試験名】

NEOCRTEC5010(Phase 3)〔NCT01216527

【原著】

J Clin Oncol. 2018 Aug 8. [PMID: 30089078]