【術前治療:乳がん】「イブランス+フェマーラ」vs「フェマーラ」

腫瘍径が2cm以上でHR陽性の人が術前治療を考える場合、「フェマーラ」治療に「イブランス」の上乗せを選択しても奏効率の向上は期待しにくい。しかし、「フェマーラ」治療に「イブランス」の上乗せを選択することで14週時の細胞増殖の抑制が期待できる。

フェマーラ」治療に「イブランス」の上乗せを選択することでグレード3以上の有害事象を経験するリスクが増加する。試験では「フェマーラ」治療を受けた人の17.0%、「イブランスフェマーラ」治療を受けた人の49.8%がグレード3以上の有害事象を経験した(p<0.001)。

【発表】

2018年12月6日

【試験名】

PALLET(Phase 2)〔NCT02296801

【原著】

J Clin Oncol. 2018 Dec 6. [PMID: 30523750]

【外部リンク】