【PD-L1陽性腎細胞がん:一次治療】「バベンチオ+インライタ」vs「スーテント」

PD-L1陽性細胞1%以上の人が初めての治療を考える場合、「バベンチオインライタ」併用療法を選択することで、「スーテント」単独治療を選択した場合より、無増悪生存期間の延長が期待できる。

PD-L1陽性細胞1%以上の人では、「バベンチオインライタ」併用療法を受けた人の55.2%で腫瘍が縮小した。「スーテント」単独治療を受けた人で単独治療を受けた人では腫瘍が縮小したのは25.5%であった。

バベンチオインライタ」併用療法を受けた71.2%の人がグレード3以上の有害事象を経験した。「スーテント」単独治療を受けた人ではにおける有害事象発症率は71.5%であった。

試験ではPD-L1陽性細胞1%未満の人を含めた全集団においても「バベンチオインライタ」併用療法を受けた集団において、「スーテント」単独治療を受けた集団より、無増悪生存期間の有意な延長が認められた(HR 0.69; 95% CI, 0.56 – 0.84; P<0.001)。

2019年1月30日、本試験結果に基づき、「バベンチオ」と「インライタ」の併用療法で腎細胞がんの一次治療の適応を取得する承認申請が行われた。

【発表】

2019年2月16日

【試験名】

JAVELIN Renal 101(Phase 3)〔NCT02684006

【原著】

N Engl J Med 2019; 380:1103-15. [PMID: 30779531]

【外部リンク】