【BRCA陽性膵がん:維持療法】「リムパーザ」vs「プラセボ」

BRCA遺伝子変異陽性の人は「プラチナ製剤を含む化学療法」終了後の維持療法として「リムパーザ」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

リムパーザ」治療を受けた人の40%がグレード3以上の有害事象を経験し(vs 23%)、5%の人が有害事象のため治療を中止した(vs 2%)。

【発表】

2019年6月2日

【試験名】

POLO(Phase 3)〔NCT02184195

【原著】

N Engl J Med. 2019 Jun 2. [PMID:31157963]

【外部リンク】