【乳がん:術後治療】「10年」vs「5年」

ホルモン受容体陽性の人は、手術の後「5年」だけでなく、「10年」術後補助療法を続けることで無病生存率の向上が期待できる。試験ではアロマターゼ阻害薬(またはタモキシフェン)治療を5年継続した後、「フェマーラ」治療をさらに5年続けることで無病生存率が91%から95%に向上した。

フェマーラ」治療の5年追加継続を選択することで、骨関連毒性(骨痛、骨折、骨粗鬆症)が増加する可能性が高まる。

【発表】

2016年6月5日

【試験名】

MA.17R

【原著】

N Engl J Med. 2016; 375 : 209-19. [PMID:27264120]

【外部リンク】