【軟部組織肉腫:術前治療】「ヴォトリエント+化学放射線療法」vs「化学放射線療法」

切除できる可能性のある中リスク~高リスクの成人および小児が手術前の補助療法を考える場合、「化学放射線療法」に「ヴォトリエント」の上乗せを選択することで、ほぼ完全な病理的奏効率の向上が期待できる。

ヴォトリエント+化学放射線療法」治療を受けた人の主なグレード3~4の有害事象は、白血球減少症(43%)、好中球減少症(41%)、発熱性好中球減少症(41%)であり、「化学放射線療法」を受けた人では好中球減少症(9%)、発熱性好中球減少症(9%)であった。

【発表】

2020年7月20日

【試験名】

ARST1321(Phase 2)〔NCT02180867

【試験実施国】

米国、カナダ

【原著】

Lancet Oncol 2020; 21: 1110–22 [PMID: 32702309]