【慢性リンパ性白血病:一次治療】「トレアキシン+リツキサン」

慢性リンパ性白血病の人が最初の化学療法を考える場合、「トレアキシンリツキサン」治療を選択することで高い確率で奏効が期待できる。試験では「トレアキシンリツキサン」治療を受けた88.0%の人が奏功を得られた。そのうち23.1%は完全奏功が得られた。

トレアキシンリツキサン」治療を受けた7.7%の人がグレード3以上の感染症を発症した。グレード3以上の主な有害事象は好中球減少症(19.7%)、血小板減少症(22.2%)、貧血(19.7%)。

【発表】

2012年8月6日

【原著】

J Clin Oncol. 2012;30:3209-16. [PMID:22869884]