【嘔吐予防】「アロキシ+デキサメタゾン+イメンド」vs「カイトリル+デキサメタゾン+イメンド」

高度(>90%)催吐性リスクの抗がん剤による治療を受ける人が嘔吐・吐き気を予防するために「アロキシデキサメタゾンイメンド」を選択しても「カイトリルデキサメタゾンイメンド」に比べ、嘔吐・吐き気を抑える効果の向上が期待しにくい。しかし、治療後2-5日目の嘔吐・吐き気を抑える効果の向上が期待できる。

日本癌治療学会が作成した『制吐薬適正使用ガイドラインガイドライン2015 年10 月【第2版】』では、高度リスクの抗がん薬による急性嘔吐・遅発性嘔吐に対して「イメンドデキサメタゾン」2剤併用を推奨している。

本試験の結果については、前出のガイドラインでは「高度リスクの抗がん薬投与に対する、パロノセトロンデキサメタゾンアプレピタント併用群と,グラニセトロンデキサメタゾンアプレピタント併用群の制吐効果の比較を行った第Ⅲ試験(TRIPLE試験)で、パロノセトロン群が遅発期において有意に悪心・嘔吐を抑制したことが示された」と紹介している。

 

【発表】

2016年6月29日

【試験名】

TRIPLE(Phase 3)

【原著】

Ann Oncol. 2016;27:1601-6. [PMID:27358385]