【結腸がん:術後治療】 「3ヵ月」vs「6ヵ月」

手術後の補助化学療法の期間として「3ヵ月」を選択することによって治療完了率が向上し、重度の有害事象を経験するリスク軽減が期待できる。試験では術後補助化学療法(FOLFOX-4またはCapeOX)を3ヵ月間受けた人での35%が当初のレジメンを完了した。6ヵ月間受けた人では12%であった。

3ヵ月間の術後補助療法を受けた人の1.3%がグレード3以上の有害事象を経験した。6ヵ月間受けた人では8.4%の人が有害事象を経験した。

【発表】

2016年8月29日

【試験】

TOSCA  (Phase 3)〔NCT00646607

【原著】

Ann Oncol. 2016 ;27:2074-2081.  [PMID:27573560]