【肺がん:一次治療】「イレッサ」vs「カルボプラチン+パクリタキセル」

喫煙していない人が初めての治療を考える場合、EGFR陽性であれば「イレッサ」、EGFR陰性であれば化学療法を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。日本人を含む東アジア人での結果。

イレッサ」治療によって高頻度にみられた有害事象は、発疹または痤瘡(66%)、下痢(47%)。「カルボプラチンパクリタキセル」併用療法によって高頻度にみられた有害事象は、神経毒性(70%)、好中球減少(67%)、脱毛(58%)。

この試験における重要な示唆は、「イレッサ」治療はEGFR変異陽性の人では効果があるが、陰性の人では効果がないことであった。

この試験結果などを受けて、2011年11月25日、イレッサの効能・効果が「手術不能または再発非小細胞肺がん」から「EGFR遺伝子変異陽性の手術不能または再発非小細胞肺がん」に変更となった。また、この結果とINTEREST試験の結果に基いて、2009年7月1日、イレッサは欧州でも「局所進行または転移性非小細胞肺癌の成人患者で、上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ(EGFR-TK)遺伝子に変異を有する人々」という適応が承認された。

【発表】

2009年8月19日

【試験名】

IPASS(Phase 3)〔NCT00322452

【原著】

N Engl J Med. 2009;361:947-57. [PMID: 19692680]

【内部リンク】

【外部リンク】