【急性骨髄性白血病:一次治療】「ベネクレクスタ+ビダーザ」vs「ビダーザ」

標準治療が適応とならない人が初めての治療を考える場合、「ビダーザ」治療に「ベネクレクスタ」の上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。

完全寛解率はの割合は「ビダーザ」治療に「ベネクレクスタ」を上乗せすることで17.9%から36.7%に有意に向上した(p<0.001)。

ビダーザベネクレクスタ」治療を受けた99%の人がグレード3以上の有害事象を経験した。「ビダーザ」治療を受けた人では97%であった。「ビダーザベネクレクスタ」治療を受けた5%以上の人が経験したグレード3以上の有害事象は血小板減少症(45%)、好中球減少症(42%)、発熱性好中球減少症(42%)、貧血(26%)、白血球減少症(21%)、下痢(5%)、低カリウム血症(11%)、感染症(64%)、肺炎(20%)であった。

ビダーザ」治療を受けた5%以上の人が経験したグレード3以上の有害事象は血小板減少症(38%)、好中球減少症(28%)、発熱性好中球減少症(19%)、貧血(20%)、白血球減少症(12%)、低カリウム血症(10%)、感染症(51%)、肺炎(25%)であった。

本試験およびVIALE-C試験の結果に基づき、2020年6月29日、「ベネクレクスタ」について、急性骨髄性白血病の適応追加が承認申請された。

【発表】

2020年8月13日

【試験名】

VIALE-A(Phase 3)〔NCT02993523

【原著】

N Engl J Med 2020;383:617-29.  [PMID: 32786187]

【さらに詳しく】