【大腸がん:術後治療(3年DFS)】「UFT+ロイコボリン+オキサリプラチン」vs「UFT+ロイコボリン」

手術後の補助療法を考える場合、「UFTロイコボリン」治療に「オキサリプラチン」の上乗せを選択することで3年無病生存率の向上が期待できる。

UFTロイコボリン」治療に「オキサリプラチン」の上乗せを選択することでグレード1以上の有害事象を経験するリスクが76.6%から96.1%に有意に高まる。リスクが高くなる有害事象は、好中球減少、血小板減少、AST/ALT上昇、末梢神経障害。

【発表】

2021年3月14日

【試験名】

SOAC-1101(Phase 2)〔UMIN000007696

【原著】

Int J Colorectal Dis . 2021 Mar 14. [PMID: 33715077]