【ER陽性乳がん:三次治療(PFS)】「エラセストラント」vs「内分泌療法単剤」

ER陽性HER2陰性転移性乳がんと診断され、CDK4/6阻害薬を併用した1または2ラインの内分泌療法歴のある女性が次の治療を考える場合、「経口選択的エストロゲン受容体分解薬 エラセストラント」を選択することで、「内分泌療法単剤治療(アロマターゼ阻害薬またはフェソロデックス)」を選択した場合を上回る無増悪生存期間が期待できる。

エラセストラント」治療を受けた7.2%の女性がグレード3または4の治療関連有害事象を経験し(vs 3.1%)、3.4%の女性が治療関連有害事象のために治療の中止に至った(vs 0.9%)。悪心(グレード1以上)を「エラセストラント」治療を受けた35.0%の女性が経験し(vs  18.8%)、悪心(グレード3または4)の悪心を経験した女性は2.5%であった(vs 0.9%)。

【発表】

2022年5月18日

【試験名】

EMERALD(Phase 3)〔NCT03778931

【原著】

J Clin Oncol. 2022 May 18. [PubMed: 35584336]

【さらに詳しく】