【HER2陽性乳がん(脳転移あり):三次治療】「ツカチニブ+ハーセプチン+カペシタビン」vs「ハーセプチン+カペシタビン」

HER2陽性乳がんと診断され、脳転移が認められ、ハーセプチンパージェタカドサイラの治療歴がある女性が、次の治療を考える場合、「ハーセプチンカペシタビン」治療に経口HER2阻害薬「ツカチニブ」の上乗せを選択することで頭蓋内無増悪生存期間、生存期間の延長が期待できる。

ツカチニブハーセプチンカペシタビン」治療の頭蓋内奏効率は、47.3%であった(vs 20.0%)。

【発表】

2020年5月29日

【試験名】

HER2CLIMB(Phase 3)〔NCT02614794

【原著】

J Clin Oncol. 2020 ;38:2610-2619. [PubMed: 32468955]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】