【MET陽性肺がん】テプミトコ

MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の人が「MET阻害薬 テプミトコ」治療を受けた結果、46%の人が治療に奏効し、11.1ヵ月間奏効が持続した。

テプミトコ」治療を受けた人の28%がグレード3以上の有害事象を経験し、11%の人は有害事象のため、治療を中止した。7%の人はグレード3以上の末梢浮腫を経験した。

【発表】

2020年5月29日

【試験名】

VISION(Phase 2)〔NCT02864992

【原著】

N Engl J Med . 2020 ;383:931-943.  [PubMed: 32469185]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】