【卵巣がん:二次治療】「ファルレツズマブ+カルボプラチン+タキサン」vs「カルボプラチン+タキサン」

プラチナ製剤感受性の初回再発卵巣がんの人は、標準治療である「カルボプラチン+タキサン」に加え、抗葉酸受容体αヒト化抗体製剤「ファルレツズマブ」追加併用を選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

ファルレツズマブ」については、プラチナ感受性卵巣がんの人を対象とした新たな第Ⅱ相試験を2015年1月から日米欧で開始している。

【発表】

2016年3月21日

【試験名】

FAR131(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:2271-8.  [PMID:27001568]

【外部リンク】