【悪性黒色腫】「ヤーボイ10mg/kg」vs「ヤーボイ3mg/kg」

BRAF阻害薬および免疫チェックポイント阻害薬による治療を受けたことがない人は、「ヤーボイ3mg/kg」から「ヤーボイ10mg/kg」への増量を選択することで生存期間の延長が期待できる。

試験では「ヤーボイ3mg/kg」から「10mg/kg」への増量によって生存期間が11.5ヵ月から15.7ヵ月に延長(p=0.04)。

グレード3または4の主な有害事象は下痢(6%→10%)、大腸炎(2%→5%)、ALT上昇(1%→3%)、下垂(2%→3%)。

【発表】

2017年3月27日

【試験】

Phase 3〔NCT01515189

【原著】

Lancet Oncol. 2017 ;18:611–622. [PMID:28359784]