【リンパ節転移陽性悪性黒色腫】「完全リンパ節郭清」vs「経過観察」

センチネルリンパ節転移陽性の人は、即時に「完全リンパ節郭清」を選択しても悪性黒色腫特異的生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「即時完全リンパ節郭清」を受けた人の3年悪性黒色腫特異的生存率は86%、超音波検査によりリンパ節を「経過観察」した人でも86%であり、治療間に差は認められなかった(p=0.42)。

【発表】

2017年6月8日

【試験名】

MSLT-II〔NCT00297895

【原著】

N Engl J Med. 2017;376:2211-2222. [PMID:28591523]

【外部リンク】