【上咽頭がん】キイトルーダ

PD-L1発現が1%以上ある人は「キイトルーダ」治療を選択することで、奏功が期待できる。試験では「キイトルーダ」単剤治療の奏効率を検証。

キイトルーダ」単剤治療を受けた25.9%の人が奏功を得た。薬剤に関連した有害事象(グレード3以上)は、29.6%の人が経験した。

【発表】

2017年8月24日

【試験名】

KEYNOTE-028(Phase 1)〔NCT02054806

【原著】

J Clin Oncol. 2017 Aug 24 [PMID: 28837405]