【子宮頸がん:二次治療】キイトルーダ

標準的な化学療法を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで、奏功が期待できる。

試験ではこれまでに1ライン、2ライン、3ライン以上の治療を受けていた人がそれぞれ38%、25%、38%含まれ、放射線治療を受けていた人が92%、プラチナ製剤を含む治療を受けていた人が96%、「アバスチン」治療を受けていた人が42%含まれていた。

【発表】

2017年11月2日

【試験名】

KEYNOTE-028(Phase 1)〔NCT02054806

【原著】

J Clin Oncol. 2017 Nov 2. [PMID: 29095678]

【外部リンク】