【急性骨髄性白血病:一次治療】「化学療法+ネクサバール」+「化学療法」

ダウノルビシン+シタラビン」に「ネクサバール」を追加することで、無イベント生存期間が9ヵ月から21ヵ月に延長。

3年無イベント生存率が21%から40%に増加。

しかし、重度の発熱、下痢、出血、心イベント、手足皮膚症候群が増加。

【試験名】

2015年11月6日

【試験名】

SORAML

【原著】

Lancet Oncol. 2015;16:1691-9.