【肺がん:化学放射線療法】「S-1+シスプラチン+胸部照射」vs「ビノレルビン+シスプラチン+胸部照射」

ステージⅢで化学放射線療法を考える場合、「S-1シスプラチン」治療が選択肢の一つとなる可能性が示された。

【発表】

2018年9月12日

【試験】

WJOG5008L(Phase 2)〔UMIN000002420

【原著】

Br J Cancer. 2018 ;119:675-682.  [PMID: 30206369]