【多発性骨髄腫:維持療法】「ニンラーロ」vs「プラセボ」

過去に大量化学療法併用自家造血幹細胞移植に奏効を示した人は「ニンラーロ」による維持療法を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2018年12月10日

【試験名】

TOURMALINE-MM3(Phase 3)〔NCT02181413

【原著】

Lancet 2019; 393: 253–64. [PMID: 30545780]

【外部リンク】