【卵巣がん:プラチナ不応性または抵抗性】「オララツマブ+ドキシル」vs「ドキシル」

プラチナ不応性または抵抗性の人が次の治療を考える場合、「ドキシル」治療に「オララツマブ」の上乗せを選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

ドキシルオララツマブ」併用療法を受けた人の59.7%(vs 65.6%)がグレード3以上の有害事象を経験した。「ドキシルオララツマブ」治療に関連した主な有害事象は倦怠感、悪心、便秘であり、「ドキシル」治療に関連した主な有害事象は悪心、倦怠感、粘膜炎であった。

【発表】

2018年12月27日

【試験】

Phase 2〔NCT00913835

【原著】

BMC Cancer. 2018;18:1292. [PMID: 3059102]