【上咽頭がん:一次治療】「ジェムザール+シスプラチン+化学放射線療法」vs「化学放射線療法」

化学放射線療法を考える場合、「ジェムザール(1g/㎡,1・8日目)+シスプラチン(80mg/㎡,1日目)」による導入化学療法を選択することで、3年無再発生存率の向上が期待できる。

化学放射線療法を考える場合、「導入化学療法+化学放射線療法」を選択することで、グレード3または4の有害事象を経験するリスクが増加する。試験では55.7%から75.7%に増加した。主なグレード3または4の有害事象は、好中球減少症、血小板減少症、貧血、悪心、嘔吐。「導入化学療法+化学放射線療法」を選択した人で9.2%、「化学放射線療法」を選択した人で11.4%の人がグレード3または4の晩期毒性を経験した。

【発表】

2019年5月31日

【試験】

Phase 3〔NCT01872962

【原著】

N Engl J Med 2019; May 31. [PMID:31150573]