【DLL3発現小細胞肺がん:三次治療】ロバルピツズマブ テシリン

化学療法を2ライン以上受けたことがあり、 DLL3を発現した小細胞肺がんの人が抗DLL3抗体-薬物複合体製剤「ロバルピツズマブ テシリン(Rova-T)」治療を受けた結果、12.4%の人で治療が奏効した。

ロバルピツズマブ テシリン」治療の主な有害事象は、倦怠感、光線過敏症、胸水。「ロバルピツズマブ テシリン」治療を受けた63%の人がグレード3〜5の有害事象を経験した。

【発表】

2019年9月10日

【試験名】

TRINITY(Phase 2)

【原著】

Clin Cancer Res. 2019 Sep 10. [PMID:31506387]

【外部リンク】