【膵がん:一次治療】「アブラキサン+ジェムザール」vs「ジェムザール」

初めての化学療法を考える場合、「ジェムザール」治療に「アブラキサン」の上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。

試験では「アブラキサンジェムザール」併用治療によって生存期間が6.7ヵ月から8.5ヵ月に延長、無増悪生存期間が3.7ヵ月から5.5ヵ月に延長。1 年生存率は22%から 35%に向上、2年生存率は4%から9%に向上。

アブラキサンジェムザール」併用治療によって奏効率の向上も期待できる。試験では7%から23%に向上。

主なグレード3以上の有害事象は、好中球減少症、倦怠感、末梢神経障害。試験では「アブラキサンジェムザール」治療を受けた人のそれぞれ38%(vs. 27%)、17%(vs. 7%)、17%(vs. 1%)に現れた。発熱性好中球減少症は3%(vs. 1%)の人に起こった。

この結果を受けて「アブラキサン」は、米国では2013年9月、欧州では2014年1月に転移性膵がんの一次治療薬として承認され、日本でも2014年12月18日、「治癒切除不能な膵がん」の効能が追加された。

【発表】

2013年10月16日

【試験名】

MPACT(Phase3)〔NCT00844649

【原著】

N Engl J Med. 2013;369:1691-703.  [PMID:24131140]

【外部リンク】