【大腸がん:一次治療】「FOLFOXIRI+アバスチン」vs「FOLFIRI+アバスチン」

初めての化学療法を考える場合、「FOLFOXIRI+アバスチン」治療を選択することで「FOLFIRIアバスチン」治療を選択するより生存期間の延長が期待できる。試験では「FOLFOXIRI+アバスチン」治療を受けることで、無増悪生存期間が9.7ヵ月から12.1ヵ月に延長。

FOLFOXIRI」治療で増える有害事象(グレード3以上)は、神経毒性、口内炎、下痢、好中球減少症。

【発表】

2014年10月23日

【試験名】

TRIBE(Phase 3)

【原著】

N Engl J Med. 2014;371:1609-18. [PMID:25337750]

【内部リンク】

【外部リンク】