【肺がん:二次治療】「サイラムザ+ドセタキセル」vs「ドセタキセル」

プラチナベースの化学療法中または終了後に病勢が進行した人でも、「ドセタキセル」への「サイラムザ」上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。

試験では9.1ヵ月から10.5ヵ月に延長。

この結果を受けて、切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの治療薬としては、2014年12月に米国で最初に承認され、2016年1月欧州でも承認された。日本では、この結果と国内第Ⅱ相試験「JVCG試験」の結果を受けて、2016年6月20日、「切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」に対する治療薬としての適応追加が承認された。

【発表】

2014年6月2日

【試験名】

REVEL(Phase 3)〔NCT01168973

【原著】

Lancet. 2014;384:665-73. [PMID:24933332]

【内部リンク】

【外部リンク】