【EGFR陽性肺がん:一次治療(PFS)】「イレッサ」vs「シスプラチン+ドセタキセル」

EGFR遺伝子変異陽性の人が初めての治療を考える場合、「シスプラチンドセタキセル」治療を選択するより、「イレッサ」治療を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。日本人における試験結果。

イレッサ」治療で多く発現した有害事象は、皮膚毒性、下痢、肝機能障害。「シスプラチンドセタキセル」治療で多く発現した有害事象は、骨髄抑制、疲労、脱毛。

【発表】

2009年12月18日

【試験名】

WJTOG3405(Phase 3)

【原著】

Lancet Oncol. 2010;11:121-8. [PMID:20022809]

【内部リンク】

【外部リンク】