【卵巣がん:二次治療】「セリバンツマブ+パクリタキセル」vs「パクリタキセル」

プラチナ製剤が無効になった人は、「パクリタキセル」への抗HER3ヒトIgG2モノクロナル抗体「セリバンツマブ」治療の追加を選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では「セリバンツマブパクリタキセル」併用治療を受けた人の無増悪生存期間が3.75ヵ月であったが、「パクリタキセル」単独治療を受けた人の無増悪生存期間も3.68ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.864)。

【発表】

2016年10月23日

【試験】

Phase 2〔 NCT01447706

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:4345-4353. [PMID:27998236]