【HRAS陽性頭頸部がん(ORR、PFS、OS)】チピファルニブ

HRAS変異陽性腫瘍細胞の割合が高い頭頸部扁平上皮がんと診断された20人が「チピファルニブ」治療を受けた結果、55%の人が治療に奏効した。

主な治療関連有害事象は、貧血(37%)、リンパ球減少(13%)であった。

【発表】

2021年3月22日

【試験名】

KO-TIP-001(Phase 2)〔NCT02383927

【原著】

J Clin Oncol . 2021 Mar 22 [PMID: 33750196]

【外部リンク】