【前立腺がん:放射線治療(3年EFS)】「18F-フルシクロビンPET/CT+従来の画像診断」vs「従来の画像診断」

前立腺摘除術後にPSAが検出され、従来の画像診断では腫瘍が確認できなかった人が放射線治療を考える場合、「従来の画像診断および18FフルシクロビンPET/CT」に基づく放射線治療を選択することで3年無イベント生存率の向上が期待できる。

【発表】

2021年5月7日

【試験名】

EMPIRE-1(Phase 2/3)〔NCT01666808

【試験実施施設】

米国(エモリー大学)

【原著】

Lancet. 2021 May 7 [PMID: 33955599]