【頭頸部がん:一次治療】「トムゾツキシマブ+化学療法」vs「アービタックス+化学療法」

再発または転移を有する頭頸部がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「抗EGFR抗体トムゾツキシマブ5-FU+シスプラチン」療法を選択しても「アービタックス5-FU+シスプラチン」を選択した場合を上回る無増悪生存期間は期待しにくい。

【発表】

2021年9月2日

【試験名】

RESGEX(Phase 2)〔NCT02052960

【試験参加国】

ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、ルーマニア、スペイン

【原著】

ESMO Open. 2021;6:100242. [PMID: 34482179]