【肝細胞がん:一次治療(PFS、OS)】「テセントリク+アバスチン」vs「ネクサバール」

切除不能な肝細胞がんと診断された人が初めての全身治療を考える場合、「テセントリクアバスチン」治療を選択することで、「ネクサバール」治療を選択した場合を上回る生存期間および無増悪生存期間が期待できる。1年生存率は「テセントリクアバスチン」治療で67.2%と、「ネクサバール」治療の54.6%を上回った。

テセントリクアバスチン」治療を受けた27.3%の人が治療に奏効した。「ネクサバール」治療を受けた人の奏効率は11.9%であった。

テセントリクアバスチン」治療を受けた56.5%の人がグレード3または4の有害事象を経験した。「テセントリクアバスチン」治療の主なグレード3または4有害事象は高血圧(15.2%)。一方、「ネクサバール」治療を55.1%の人がグレード3または4の有害事象を経験した。

本試験の結果を受けて、2020年2月14日「切除不能な肝細胞癌」を効能・効果として承認申請され、同年9月25日承認された。

【発表】

2020年5月14日

【試験名】

IMbrave150(Phase 3)〔NCT03434379

【原著】

N Engl J Med 2020; 382:1894-1905. [PubMed: 32402160]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】