【大腸がん:一次治療】 「アービタックス+FLOX」vs「FLOX」

初めての治療を考える場合、「Nordic FLOX」レジメンに「アービタックス」の上乗せを選択しても、無増悪生存期間、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「アービタックス+Nordic FLOX(継続療法または間欠療法)」レジメンの無増悪生存期間、生存期間を「Nordic FLOX」レジメンと比較。「アービタックス+Nordic FLOX(継続療法)」レジメンを受けた人の無増悪生存期間は8.3ヵ月であったのに対し、「Nordic FLOX(継続療法)」レジメンを受けた人では7.9ヵ月と治療間に差はなかった。「アービタックス+Nordic FLOX(継続療法)」レジメンを受けた人では7.3ヵ月であった。生存期間は「アービタックス+Nordic FLOX(継続療法)」レジメンを受けた人では19.7ヵ月であったのに対し、「アービタックス+Nordic FLOX(間欠療法)」レジメンを受けた人では20.3ヵ月、「Nordic FLOX(継続療法)」レジメンを受けた人では20.4ヵ月と治療間に差はなかった。KRAS野生型の人に限った分析結果も結論は変わらなかった。

【発表】

2012年4月2日

【試験名】

NORDIC-VII(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol. 2012;30:1755-62. [PMID: 22473155]

【外部リンク】