【肺がん:三次・四次治療】「カプレルサ」vs「プラセボ」

EGFR-TKIおよび1−2ラインの化学療法を受けた人が次の治療を考える場合、「カプレルサ」治療を選択しても、生存期間の延長は期待しにくい。

924名が参加したこの試験では、「カプレルサ」治療を受けた場合の生存期間をプラセボを投与した場合と比較。プラセボ群の生存期間(中央値)が7.8ヵ月であったのに対し、「カプレルサ」群の生存期間は8.5ヵ月と、治療間に有意な差は認められなかった (ハザード比 0.95; 95.2%信頼区間, 0.81−1.11; p =0.527)。

カプレルサ」治療中に発現した主な有害事象(グレード3または4)は、皮疹(5.5%)、下痢(5.3%)、高血圧(5.0%)。

【発表】

2012年2月27日

【試験名】

ZEPHYR(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol. 2012;30:1114-21. [PMID: 22370318]