【移植不適応多発性骨髄腫:一次治療】「ダラザレックス+ベルケイド+メルファラン+プレドニゾン」vs「ベルケイド+メルファラン+プレドニゾン」

自家幹細胞移植を適応できない人が初めての治療を考える場合、「ベルケイドメルファランプレドニゾン」治療に「ダラザレックス」上乗せを選択することで、18ヵ月無増悪生存率の向上が期待できる。

ダラザレックスベルケイドメルファランプレドニゾン」治療の主なグレード3または4の血液毒性は、好中球数減少、血小板減少症、貧血でそれぞれ39.9%(vs 38.7%)、34.4%(vs 37.6%)、15.9%(vs 19.8%)。「ダラザレックスベルケイドメルファランプレドニゾン」治療を受けた人の23.1%(vs 14.7%)がグレード3または4の感染症を経験した。0.9%の人が感染症によって治療を中止した(vs 1.4%)。

本試験の結果に基づいて、2019年8月22日、「造血幹細胞移植を伴う大量化学療法が非適応で未治療の多発性骨髄腫」に対して効能・効果の拡大が承認され「ボルテゾミブ+メルファラン+プレドニゾロン(VMP)」に「ダラザレックス」を加えた4剤併用療法が可能になった。

【発表】

2017年12月12日

【試験名】

ALCYONE(Phase 3)〔NCT02195479

【原著】

N Engl J Med 2018;378:518-28. [PMID: 29231133 ]

【外部リンク】