【多発性骨髄腫:一次治療】「ダラザレックス+ベルケイド+メルファラン+プレドニゾン」vs「ベルケイド+メルファラン+プレドニゾン」

同種幹細胞移植が不適格な人が初めての治療を考える場合、「ベルケイドメルファランプレドニゾン」治療に「ダラザレックス」上乗せを選択することで、無増悪生存率の向上が期待できる。

ダラザレックスベルケイドメルファランプレドニゾン」治療の主なグレード3または4の血液毒性は、好中球数減少、血小板減少症、貧血でそれぞれ39.9%(vs 38.7%)、34.4%(vs 37.6%)、15.9%(vs 19.8%)。「ダラザレックスベルケイドメルファランプレドニゾン」治療を受けた人の23.1%(vs 14.7%)がグレード3または4の感染症を発現した。0.9%の人が感染症によって治療を中止した(vs 1.4%)。

【発表】

2017年12月12日

【試験名】

ALCYONE(Phase 3)〔NCT02195479

【原著】

N Engl J Med 2018;378:518-28. [PMID: 29231133 ]

【外部リンク】