【閉経前乳がん:内分泌一次治療(OS)】「リボシクリブ+内分泌療法」vs「内分泌療法」

ホルモン受容体陽性・HER2陰性の閉経前の人が初めての内分泌療法を考える場合、「内分泌療法(ゾラデックスアリミデックスまたはフェマーラタモキシフェン)」に「リボシクリブ」治療の上乗せを選択することで、無増悪生存期間だけでなく、生存期間の延長も期待できる。

試験において「リボシクリブ+内分泌療法」を受けた人の2年生存率は82.7%(vs 81.8%)と差はほとんどなかったが、3年生存率は71.9%(vs 64.9%)、42ヵ月生存率は70.2%(vs 46.0%)と2年以降に差が現れてきた。

この生存期間延長に関するベネフィットは、「ゾラデックス+アロマターゼ阻害薬」に「リボシクリブ」を上乗せした場合は認められたが、「ゾラデックスタモキシフェン」治療に「リボシクリブ」を上乗せした場合では認められなかった。

なお、日本においては2017年10月に「リボシクリブ」の開発中止が発表された(→関連記事)。

【発表】

2019年6月4日

【試験名】

MONALEESA-7(Phase 3)〔NCT02278120

【原著】

N Engl J Med. 2019 Jun 4. [PMID:31166679]

【内部リンク】

【外部リンク】